BIツール知識

BIツールを導入しようとしている人はどんな人?

BIツールを導入しようとしている人はどんな人?

データ分析を自分がしたいのか、それとも社員にデータ分析をしてもらいたいのか。Business Intelligenceツールを導入する人たちは立場や所属・経験がさまざまです。

この記事ではどのような人がBIツールを探しているのかをパターン分けして解説をします。

BIツールを探しているあなたはどのパターンに当てはまるのかを把握しておくと、業者との会話も楽になりますし、自社が何を期待してBIツールを導入しようとしているのかがわかるようになり、とても有益です。

5分程度で読めますので、サクッと読んでください。

パターンは4種類

結論から書きますと、BIツールを探している人は4パターンに分類されます。

  1. 自分や部門のレポート作成を効率化したい現場ユーザー
  2. 全社導入した旧BIシステムをリプレイスしたい情報システム部で担当が若手以外
  3. 全社導入した旧BIシステムをリプレイスしたい情報システム部で担当が若手

1.自分や部門のレポート作成を効率化したい